世界一受けたい授業 今からできるカビ対策 風呂場から栄養・温度・湿気を取る

毎年、梅雨の時期になると気になるのがカビ。

6月10日の「世界一受けたい授業」で、千葉大学の矢口貴志先生が、今からできるカビ対策を教えてくれた。

【関連記事】
世界一受けたい授業 脂肪のサビ落としにウォーキングとせん茶

スポンサーリンク

冷蔵庫は製氷機のタンクに注意

カビは氷の中でも死なない。

冷蔵庫の氷を使うことで、飲み物と一緒にカビを飲んでいる危険性がある。

水道水の場合、週に1回以上給水タンクの手入れをすることが必要。

下駄箱の中は靴の箱に注意

下駄箱の中で特にカビが発生しやすい場所が、靴の箱の中。

紙でできた箱は湿気を吸いやすく、カビ汚染の観点からみると、箱に入れて靴を保存するのは危険。

靴箱に保管したい場合は

(1)靴の土やほこりをよく落とし

(2)しっかり乾かしてから箱にしまう

(3)箱の中に乾燥剤を入れると、さらに良い

湿気は下に下がってくるので、除湿剤は下駄箱の下段の一番隅におき、芳香剤は上段に入れると効果的。

スポンジは水洗いする

食器を洗ったあとのキッチンのスポンジは、そのままにしない。

食器洗い後は、食べ物の汚れなどもついているため、いくら洗剤がついていても細菌やカビが増殖してしまう。

スポンジは、泡がなくまで揉み洗いをし、汚れを落とす。

洗濯機のなかに洗濯物を溜めるのはNG

洗濯機のなかに長時間洗濯物を入れておくことは、洗濯機のなかでカビを育てているようなもの。

洗濯物は洗濯かごにため、洗う直前に洗濯機へ入れる。

普段から湿気をためないように、洗濯機のふたは開けておく。

浴室のカビ

そもそもカビが生える条件は、

(1)汚れなどの栄養素
(2)20~30℃の温度
(3)70%以上の湿度

カビを防ぐには、これらの3つの条件を揃えないようにする。

栄養素を無くすには、風呂上がり後に、壁や床をお湯で流す。

これにより、カビの栄養素となる皮脂や石鹸カスなどの汚れを洗い流す。

カビが生える温度を無くすには、お湯で浴室をきれいにしたあと、水のシャワーをかけて浴室全体の温度を下げる。

カビが生える湿度を無くすためには、壁についた水気をタオルでふき取り、さらに換気扇をまわしたり窓を開けたりして換気を行う。

毎日、どれか一つ以上行うことで、カビがはえにくい環境にすることができる。

カビはゴシゴシ擦らない

カビを発見したら、カビ取り剤で掃除する。

ブラシでゴシゴシと擦ると目地などに細かい傷がつくため、次に生えてくるカビがさらに奥まで根を張ってしまう。

頑固な黒カビの場合は、カビ取り剤の上からキッチンペーパーなどでパックし5分ほど置くと、取れやすくなる。

部屋干しの工夫

除湿剤は、洗濯物の真下に置いて、洗濯物に風があたるようにする。

ジーンズは、裏返して干したり、ウエスト部分を円形にとめて干すと早く乾く。

バスタオルは、すそを揃えないずらし干しが有効。

お風呂場に限らず、栄養、温度、湿気がカビ対策に大切だが、カビにとっての栄養は汚れなので、やっぱり掃除が基本なのかな・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント