ハナタカ! 優越感 掃除機とスチームアイロンで絨毯についた家具の跡を消す方法

10月12日の「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館 2時間SP」で、北海道・弟子屈町の掃除機マニアの中学生が、秋に重要なお掃除や、じゅうたんの家具の跡の消し方、おすすめの最新型掃除機などを教えてくれた。

【関連記事】
ハナタカ! 優越館 医者が自分だったらこんな病院は行きたくないランキング

スポンサーリンク

秋はダニの死骸が最も多い

アレルギー症状を引き起こす最大の要因は、ダニの死骸やフン。

つゆから夏にかけて大幅に増えたダニが、秋に死骸となり飛散している。

掃除機を丁寧にかけることが、アレルギー対策になる。

おすすめコードレス掃除機

日立のコードレスクリーナーパワーブーストサイクロンPV-BEH900。

吸引力が強く、3キロの重さを持ち上げることができる。

アタッチメントが豊富で、床だけでなく立体的に掃除できるという。

LEDライトで、ホコリも確認しやすい。

カーテンの掃除にはヘッドにストッキングをつける

カーテンは意外とホコリがついているが、掃除機をかけると吸引力がつよすぎてカーテンそのものがひっつき掃除しづらい。

このようなときは、掃除機のヘッドの部分に、ヘッドと同じくらいの長さに切ったストッキングを二重にかぶせる。

ストッキングの隙間からホコリやダニを吸い込める。

網戸にはダンボールをあてて掃除

網戸に溜まったホコリを掃除機できれいにするには、網戸の裏側にダンボールをあてる。

それから掃除機をかけると、きれいに取れる。

ダンボールなどの紙を貼り抵抗を作ることで、網戸を傷めることなくホコリなどを吸い取ることができる。

サッシのホコリはストローでノズルを作る

サッシなどのホコリなどは、ストローで使い捨てノズルを作る。

それを掃除機のアタッチメントのかわりに使うことで、窓枠や換気扇などのホコリも吸い込みやすくなる。

じゅうたんの家具の跡も掃除機で元に戻せる

家具の跡のへこみは、掃除機とスチームアイロンを使って直すことができる。

そのやりかたは

(1)スチームアイロンを床から1.5センチくらい離してへこみに近づける

近づけすぎると、じゅうたんが溶けてしまう恐れがある。

一転に集中させると、やはりじゅうたんを傷つける可能性があるので、アイロンは動かしながら蒸気をあてる。

(2)スチームアイロンの蒸気がじゅうたんの毛を柔らかくしたら、ティッシュでスチームの蒸気の水分を拭き取る

掃除機が水を吸い込まないように、水気を確認する。

(3)掃除機のヘッドを外して、へこみの部分にあて吸引する

ティッシュで水分を拭き取るというところに、掃除機に対する愛情があふれている感じがする。

ストローをつかった使い捨てノズルも、風呂の天井の換気扇などの掃除に試してみたい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント